| サイトマップ | お問合わせ |



>学会誌

目 次
JAPANESE/ENGLISH

2007 Vol. 9 No. 3

■特集 : エイズ患者の抱える諸問題
より良い抗HIV療法に向けて[PDF File]
初回治療患者におけるHAARTの有用性はアキラかである。しかし治療を一生続けなければならないといった点から考えると、抗ウイルス効果を最大限に保ち続ける・・・・
味澤 篤…179

HIV/AIDS治療における社会的・経済的問題点[PDF File]
1997年に小西らはHIV陽性者が、さまざまな状況の中で苦しめられ、正当な社会生活の営みを阻害される現実に直面する中、「クライエントの尊厳を保つべく・・・・
清水茂徳…183

抗HIV薬の副作用[PDF File]
抗HIV薬の副作用は、他疾患の治療薬に比べ、比較的高頻度に出現する。近年登場した新しい抗HIV薬の副作用は、様々な改良を経た結果、過去に登場した薬剤に・・・・
桒原 健,吉野宗宏,白阪琢磨…191

薬剤耐性HIVの抱える諸問題[PDF File]
本邦におけるHIV感染症の治療は、1997年に導入された多剤併用療法(HAART)によって大きく進展した。HAARTによってHIV感染患者のAIDS発症率は低下し予後も・・・・
西澤雅子,杉浦 亙…197
■第20回日本エイズ学会シンポジウム記録
HIV検査および検査体制―技術の進歩と今後の課題―[PDF File]
第20回エイズ学会において開催されたシンポジウム"HIV検査および検査体制-技術の進歩と今後の課題"の概要について報告する。1984年にHIVの抗体検査が開発・・・・
座長 : 杉浦 亙,今井光信,発表者 : 今井光信,中瀬克己,小島弘敬,加藤真吾,杉浦 亙,桒原 健,白阪琢磨…202
■第7回ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞受賞研究
HIV/AIDSワクチン開発の基礎的研究および日本における母子感染の臨床的・疫学的研究[PDF File]
ECCヤマグチメモリアルエイズ研究奨励賞の受賞内容はHIV/AIDSワクチン開発の基礎的研究と日本における母子感染の臨床的・疫学的研究の異なる二つの研究から・・・・
吉野直人…209

Shared Drug Injection inside Prison as a Potent Associated Factor for Acquisition of HIV Infection : Implication for Harm Reduction Interventions in Correctional Settings[PDF File]
Iran has faced a rapidly growing HIV/AIDS epidemic particularly among injecting drug users (IDUs). Since 1987, more than 15,500 cases of .....
Saman Zamani, Mohammad Mehdi Gouya, Masako Ono-Kihara, Seiichi Ichikawa, Masahiro Kihara…217
■総説
HIV感染夫婦の生殖補助医療[PDF File]
AIDSが死の病であったとき、HIV感染者が子供を希望しても子供を作らないように指導するのが医療従事者の職務とされていた。しかし1996年にプロテアーゼ阻害・・・・
花房秀次…223
■症例報告
<臨床>
口腔内に初発したHIV関連悪性リンパ腫の1例[PDF File]
目的:悪性リンパ腫は、HIV感染症に関連した悪性疾患としてカポジ肉腫についで多く見られる合併症である。HIV感染症における悪性リンパ腫の発症リスクは健・・・・
小林弥生,莇生田整治,茂木伸夫,大山定男,味澤篤…231
■学会報告
第2回日独エイズシンポジウム(ドイツ開催)の報告[PDF File]
一昨年11月8-9日に名古屋市立大学で開催された第1回日独エイズシンポジウムの結果を受けて、第2回日独エイズシンポジウムがドイツのルール工業地帯の中心・・・・
岡本 尚,市川誠一,Norbert H. Brockmeyer…236
■理事会議事録
2007年度日本エイズ学会第1回理事会議事録…… 239

 


Copyright © 2010 The Japanese Society for AIDS Research. All rights reserved