| サイトマップ | お問合わせ |



>学会誌

目 次
JAPANESE/ENGLISH

2008 Vol.10 No. 2

■第21回日本エイズ学会シンポジウム記録

包括的HIVカウンセリングにいま求められるもの[PDF File]
本稿は、2007年11月28日に行われた第21回日本エイズ学会シンポジウム3の基調講演及びシンポジストの発言を要約したものである。
兒玉憲一、小島賢一… 75

HIV増殖とその制御分子[PDF File]
本シンポジウムは、HIV感染における増殖過程を分子から理解し、新たな抗HIV戦略を見いだす研究の現状を紹介することを目的とした。
座長:小柳義夫、森川裕子、発表者:塩田達雄、高折晃史、増田貴夫 Paul Spearman… 79

HIVに対する宿主防御免疫機構:自然免疫から適応免疫まで[PDF File]
HIVに対する宿主防御免疫機構について、自然免疫から適応免疫までにわたるいくつかの研究を紹介し、今後の研究の方向性について概説する。
宮澤正顯、増田(恒次)恭子、三浦聡之、滝口雅文、俣野哲朗… 85

■総説
予防、治療、ケア、支援への普遍的アクセス 国際社会の目標と日本の役割[PDF File]
2010年までに「予防、治療、ケア、支援への普遍的アクセスを実現すること、これがいま世界のHIV感染症対策の目標とされている。
樽井正義… 88

■第8回ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞受賞研究
薬剤耐性HIVに対して高い活性を発揮する新規のプロテアーゼ阻害剤の開発とHIVプロテアーゼ2量体形成機構の研究[PDF File]
本稿では、HIVプロテアーゼの2量体形成機構の研究と2量体形成を阻害する新規の抗HIV剤の開発を主に述べる。
コウ康博… 99

■原著
<社会>
わが国におけるHIV母子感染の現況 - 全国の病院小児科へのアンケート調査から -[PDF File]
HIV感染女性から出生する児もさらに増加していく可能性が高く、母子感染(MTCT)を予防することは今後とも重要であると考えられる。
尾崎由和、外川正生、葛西健郎、大場 悟、國方徹也、吉野直人、榎本てる子、戸谷良造、喜多恒和、和田裕一、塚原優己、稲葉憲之… 107

■活動報告
<臨床>
保健所での針刺し事故による医療機関との協力体制[PDF File]

増加するエイズ検査への保健所職員針刺し事故に対し、2005年度より協力医療機関としてスムーズな診療・処置が行えるよう体制を整えた。
野毛一朗、宇賀神美代子、吉田康秀、山崎晴美… 118

■学会印象記
第21回日本エイズ学会印象記 検査相談と予防分野の印象[PDF File]
中瀬克己… 126

平成20年度日本エイズ学会ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞候補者の募集… 127

 


Copyright © 2010 The Japanese Society for AIDS Research. All rights reserved