| サイトマップ | お問合わせ |



 

 

平成25年1月8日

エイズ関連カポジ肉腫症例の主治医各位

日本エイズ学会
理事長 満屋裕明
HIV/AIDS臨床関連事項検討委員会


エイズ関連カポジ肉腫治療薬「ドキシル注20mg」の製造再開について

ドキシル注20 mg(ドキソルビシン塩酸塩 リポソーム注射剤)供給に関して、去る平成23年8月10日付、平成24年1月10日付けでお知らせを日本エイズ学会ホームページで掲載いたしましたが、製造が再開されたとの案内(下記)をヤンセンファーマ社より届きましたので、お知らせ致します。

ヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ブルース・グッドウィン、以下、「ヤンセン」)は、2012年12月17日付で抗悪性 腫瘍剤「ドキシル®注20 mg(一般名:ドキソルビシン塩酸塩リポソーム注射剤)」(以下「ドキシル®」)の承認事項一部変更の承認を厚生労働省より取得し、1月7日より製品の供給(出荷)を再開いたしました。

http://www.janssen.co.jp/public/rls/news/4107

 

 

 

 


 

 


 

 


 

 

 

Copyright © 2010 The Japanese Society for AIDS Research. All rights reserved